2012年1〜3月「夜」


永い永い/闇を通り抜け/月虹(げっこう)の/奇跡を/垣間見る:秋月永遠 いくつもの/夜を越えて/辿り着く/君の/甘い体温:秋月永遠 月は/太陽に憧れ/手探りの/闇夜を/導く:秋月永遠
夜空は 深く/美しくなる/この胸が/カムパネルラを喪う/そのたびごとに:南野薔子 あの夜の/対岸にきらめく街灯りも/共に眺めたひとのことも/今はもう彼方に浮かぶ/夢幻:南野薔子 君よ/何もかも忘れて/眠りなさい/私の内なる/終わらない夜を:南野薔子
喪失の覚悟/膓(はらわた)に据えて/こそ/睦み合う/夜の底:稲本英 北天の/大柄杓/闇色の/玄界灘を/掬う:稲本英 あなたを/待ち続けて/真夏の夜空に/真冬の星座が/のぼり始めた:稲本英
月に照らされて/夜の/バスケットボール/息切れする/ドリブルもかがやいて:素音 夜に溶けたのは/私だけだったんだね/あなたは帰って行く/忘れられない/キスを残して:素音 この夜に/ふたりきり/だけど/あなたと抱きあいもせず/宇宙の話なんてしてる:素音