2011年10〜12月「夕」


あなたはスリルと言った/あのキス/私には/夕日に負けない/情熱:素音 もう一度/顔をだしたあの/夕陽のような/情熱を/あなたに:素音 どこまでも/どこまでも/追いかけたい/夕日と笑顔/沈めたくない:素音
お日様に/あっさりと/さよならを告げて/つかの間の/夕べ:秋月永遠 幼い頃遊んだ公園で/「ご飯よ帰りなさい」/もういない母に/後ろから/呼ばれた気がした:秋月永遠 夕焼けこやけは/母を/思い出す/切ない/フレーズ:秋月永遠
逢魔刻/と呟く/昏い空に/昏く閃いて/蝙蝠飛び交う:南野薔子 世界が影絵と化す刻限/この小径が/君の街へと/ひそかに/つながっている気がする:南野薔子 夕映え色が/澄んだ藍色に/溶けゆくあたりに金星/ふりむけば/木星:南野薔子