2008年7〜9月「月」


はじめての事は/すべて/君から/月夜の/約束事:白夜 満たされた月は/どこへ/還っていくのだろう/堕ちていくためだけの/形をして:白夜 満月の夜は/君を追って/どこまでも/どこまでも/に出る:白夜
ずっと/はてしない物語の中にいる/バズチアンが 幼な心の君を/月の子 と/名づけた時から:南野薔子 今ごろ/あの月の裏側で/語り合っているかも/稲垣足穂と/ジュール・ラフォルグ:南野薔子 「太陽と月に背いて」という/映画があった/私は/月には/背けないだろう:南野薔子
研ぎすまされた/心だけ/あなたに届く/ずっと/抱き合ったままでいよう:素音 連れて帰れない/切なさに気づいたのかな/月が私についてきてくれました/あなたの/町から:素音 熱風に/胸が疼く夜に/欲望がひとり歩きする/ふりむけば/月が見ている:素音