2008年4〜6月「太陽」


強烈な太陽光線に/全ての色が/含有されている/例えば 真夏の/海のあおさも:稲本英 その腕に/湛えた日溜り/夜毎/私に注ぐ/あなた:稲本英 お天道様に/背いていないか/足許から伸びる/影の私が/問うている:稲本英
ゆうひの/やさしさ/今日/情けなかった私のことも/つつみこんでくれる:素音 誰もが/晴れていると思っている/太陽の/見えない涙に口づけるように/あなたを愛していきたい:素音 ちょっとした/やさしさで/泣いた/北風と/太陽みたい:素音
太陽から/吹き渡る風の/悪戯/極圏の夜空が/妖しく狂う 光の指が/雨の弦を/奏でてゆくと/七色の弧が/空に響く:南野薔子 日傘/帽子 手套/守護星の太陽を/厭う/獅子座生まれである:南野薔子