2007年1〜3月「冬〜春」


愛するあなたへと/そえられた/チューリップ/わたしたちは/2度目の春を迎えました:素音 さくらに/罪の/香りがするなんてこと/あのひとは/知らないだろう:素音 あなたといると/やさしいきもちになれるよだなんて/まだ少し風邪がつめたいけれど/うれしい/春です:素音
霧の小径を/たどる/行く手をあえかにふちどる/紫の/菫の花:南野薔子 かそけき春の気配に/古びた/発条仕掛けの情緒が/うらがなしく/作動する:南野薔子 冬の/夕暮れの/雲の/彫りの深い/横顔:南野薔子
無意識に/歯を食い縛っていた/私は/何に/敗けたくないのか:稲本英 天然芝が/青々とざわめいて/春だ/歓喜への航海が/はじまる:稲本英 初日に/染まる/玄関の/日本国旗の/りりしさ:稲本英